ボイズ CST Zero-1 Muffler 改
(ハーフチタンタイプ)
メインΦ76.3


今まで使用していたマフラーが5ZIGENの304MAXで、もう5年くらい使用していました。
これは、テールのみステンでパイプはスチールでした。

5年も使用しているので、キズやサビ、凹み等有りこの度マフラーを変える事になりました。

以前の304MAXがうるさかったので、今度はサイレンサー付のチョットおとなし目のものを探していました。

しかし、なかなか良さそうな物が見つからず、あってもフランジ部が細くなっていたり
消音の為のタイコはあるが、径を絞ってあるものばかりでした。

径を絞っていないタイプの物は純正触媒対応は難しい感じでしたし・・・。


そこで、いろいろ探していたら(株)ボイズのマフラーが目に留まりました。
電話で聞いてみたりもしましたが、実際物を見てみないと分かりません。

で、思い切って注文する事にしました。
そこで悩んだのが、フルチタンかフルステンにするかでした。

まぁ、ボーナスも出たことなんでフルチタンを注文しようとしたら

「物によってはクラックが入るよ!、サーキットだけ!と割り切るならイィけど
街乗りもするんならせめてハーフチタンにしたら???」

と助言を頂きハーフチタンに決めました。

さらに、オイラは静かな方が良いのでサブタイコ付を注文しました。


で、きたものがこれです↓


↑内径60はチョット言い過ぎた↑

純正触媒対応なのでしかたがないのでしょうが、これは細すぎです(>_<)
これでは、消音は可能かもしれませんが、排気効率が悪くなってしまいます。

これでは納得できないので、改造する事にしました。
もう、音量は無視です( ̄へ ̄)ふんっ

サブタイコ部分をぶった切って、ステンのパイプに繋ぎ換え、フランジも交換しました。




これで、排気効率はよくなりました。

で、音量はと言うと・・・。
304MAXとそんなに変わりませんでした。

こんなんだったら、初めからワンオフで作成依頼しておいたほうが良かったのかなぁ。。。

テールはこんな感じです。



 



戻る  TOP