2009.12.30  岡山国際サーキット

Sun Line Hyper Battle 2009

天候 晴れ → 雨   路面 ドライ → ウェット

 今年最後の走行会 Sun Line Racing 走行会 サンラインハイパーバトル  です。

今年で5年連続で参加です。♪v(*'-^*)ゞ^;*・'゜☆ブイ☆

今回は(も?)天気予報で15時頃がの予報でした。

でも朝、出発前は何とか天気も大丈夫そうな感じです。

4時前に起きて出発準備です。

今回は相方さんを乗せて行くのでFCの中に
人間2人と17インチタイヤ4本、その他備品・工具を載せないといけません。

いつものようにリアハッチが15cmくらい閉まりません。

ハッチをロープで縛っての走行です。

やはりこれでは毒ガスが車内に進入してきて目が痛いです。(>o<")



途中の三木SAにて朝ごはん。

得意の?肉うどんを食べました。

で、荷物の積みに時間が掛かっていたので、すぐに岡山国際へ出発です。

7時30分頃到着。



サンラインの走行会の中では1番乗りでした。v(*'-^*)bぶいっ♪

天気はこんな感じ。




時間に余裕がありますが、さっさと準備開始。

 


ここでピット風景をどうぞ!












本日のゼッケンは




それでは、1枠目の準備です。



〜 1枠目 フリー走行 〜


天気は曇り。雨は大丈夫。

完全ドライです。

1枠目、サンラインさんのデモカーの後ろに並びます。








2周慣熟走行し3周目からアタック開始です。

ココからは走行画像をどうぞ!









 





 

 

 



2〜3部山 A050-Mコン で走ります。

でも、なかなかクリアが取れません。( ̄-  ̄ ) ンー



1枠目の結果はこちら。



まぁ、辛うじて48秒台は出ました。

1分48秒602

最近コンスタントに48秒台は出せる様になってきました。


しばらくして、結果を見ると・・・。

参加台数 47

そらぁ、クリア取れんわなぁ・・・(;´д`)トホホ

そして詳細は




総合 11番手

クラス 2番手


( ̄-  ̄ ) ンー まぁ、まずまずです。

ちなみにオラのクラスは・・・。

ターボ2WDクラス

シルビア S15 1’45”761
RX−7 FC3S 1’48”602
スカイライン HR31 1’49”972
シルビア PS13 1’54”524
シルビア S15 1’54”604

おーっと、これは表彰台狙えるんじゃねぇのぉ〜???( ̄ー ̄)ニヤリ

気合入れてタイヤ交換です。

 

8部山のA050−Mです。



〜 2枠目 予選走行 〜


さぁ、お次はタイムアタックです。

気合入れて行きましょう!v(*'-^*)bぶいっ♪


2枠目は先頭に並んで待機します。

車内で待っていると大事な事を思い出しました。


Σ(*゚Д`;)ア…ア…アッハァァァァァァァァ?!!

タイヤのエア抜いてへん!!!


気付いた時にはもぅ手遅れ。

コースインまでの数分、しばし考える・・・。

( ̄-  ̄ ) ンー

答えを出す間もなくコースイン。

空気圧がナンボ入ってるかわからんのに本気アタックができるのか!?
(違いがわからんから走れるか!?)

台数多いのでクリア取れんかったらグリッドがきついし・・・。

・・・

・・・

・・・

結局、コースインした周に再度ピットイン。

そこで2.1くらいにセット。
(1周回ったからこんなもんかと・・・)


再度、コースインしてタイムアタックです。

でも、クリアがなかなか取れません。

それでも何とか48秒台が出たので終了しました。


こちらも走行画像をどうぞ!

 







 

 

 





 


結果はこちら。



1分48秒823


そして詳細は



総合 14番手

クラス 3番手

ターボ2WDクラス

シルビア S15 1’45”110
スカイライン HR31 1’46”037
RX−7 FC3S 1’48”823
シルビア PS13 1’49”716
シルビア S15 1’52”713

w( ̄▽ ̄;)wワオッ!! みなさん、あの台数できっちりタイム出してきてますねぇ!

てか、帰ってきたらエアが2.6kまで上がってた・・・。

久々にしょーもないミスをしてしまいました。``r(^^;)ポリポリ

さらに、ここにきてついにフロントブレーキローターが逝ってしまったようです。




ブレーキング時、車内が大地震のように振動します。
(詳細は模擬レースの車載で)

模擬レースの本気ブレーキで大丈夫だろうか・・・。
(そんな心配はいらん!だって・・・ウェ・・・)



〜 3枠目 模擬レース 決勝 〜


さぁ、頑張っていきましょう!ファイトーー!( ゚д゚)乂(゚д゚ )イッパーーツ!!ー

とりあえずピット付近で整列。

 



ピットに整列してから周囲のマシンをチェック

HR31のスカイラインなんか、サイド出しマフラーとかやし・・・。

周りの車も去年見たマシンが結構居ます。

そぅこぅしていると、雨がポツポツと降ってきました。

最悪 (/TДT)/あうぅ・・・・



さぁ、グリッドに並びます。

コースインしてタイヤを温めます。

w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

メッチャすべるやん!?

案の定、グリッド着く前にNSXが回ってます。

もぅ、完全にウェットです。

ウェットの模擬レースなんて初めてなんですけどぉ!?
イヤン((▽\*)≡(*/▽))イヤーン

さぁ、いよいよスタートです

赤シグナル 点灯

そして

赤シグナル 消灯

スタート!



w( ̄o ̄)w オオー! なかなかのスタートじゃあ〜りませんか!?

前のスカイラインに追いつきます。

はぃ、あっさり離されます。

雨でもパワー差は歴然ですね。(;´д`)トホホ

ウェットでの1コーナー進入!



何とかクラッシュせずに2コーナーへ。

ここで1台激しくスピン。



何とかかわして頑張ります。

ウェットの為、アクセルコントロールに集中します。

オラも頑張っているにも係わらずあっさり86やインプに抜かれます。



軽量車やハイパワー4WDには適いませんねぇ。

てか、インプはラジアルやったし。
(事前にマシンチェック済)

さらにはS15にも抜かれます。



(・_・)......ン? 今、抜いていったS15って、クラス1位のシルビアやん!?

(・vv・) ハニャ???

スタートで失敗でもしたんでしょうか?


そんなことしてたら、今度は赤い86に何度も煽られます。
(車載のバックミラーに映ってます)

ε=( ̄。 ̄;)フゥ


何とか押さえて前のS15シルビアを追います。
(追いつくのか!?)



S15もちょいちょいすべり、オラもちょいちょいすべり・・・。

何とか追いついてS15の背後につきます。
(プレッシャー攻撃)



すると、1コーナー進入でS15がテールスライドで失速。



チャ〜ンス!( ̄ー ̄)ニヤリ


このスキに前に出ます。

いゃ、出れず並走です。

ウェットで2コーナーに並走で突っ込みます。

ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァ〜 ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

何とか耐えてS15の前に出ます。

ストレートで抜かれるかと思いましたが、何とか徐々に離していきます。

もぅ絶対にスピンは許されません。
(でも許してね)

暫くすると、だいぶ前に抜いて行った白86がホームストレート上にスピンして止まってます。



心の中では

『早ょ、チェッカー出てょ〜!』

と思っていた最中悲劇が・・・。

今まであれほど集中していたオラの右足がついに耐え切れずダブルヘアピン2個目で・・・。

激しくスピン!



とっさにアクセル吹かし、360度回転を狙いましたが270度で停止。
(マジで360度狙ってたんですよ!)

幸い、エンジンストールは免れたので即スタート!


で、前に向いた瞬間に赤86と例のS15が追いついてきました。
(当たり前か・・・)

そして最終コーナーを立ち上がりメインストレートで待ちに待ったチェッカーが!

やっと終わったぁ〜。ε=( ̄。 ̄;)フゥ

↓そんな模擬レース動画はこちら↓



↑ブログの動画は画質が悪いね↑


これってもしかして・・・。

3位以内確定!?

と、ドキドキしながら帰り支度をします。

そして、まず最初に結果を確認します。


(* ̄0 ̄*)ノ オォー!! ( ̄□ ̄;)ナント!!

ターボ2WD クラス1位

(* ̄◇ ̄*)ゲッ(* ̄・ ̄*)チュー






やはり、オラが抜いたS15が2位。

3位はPS13。


(; ̄ー ̄)...ン? HR31のスカイラインが居ません。

出走していなかったようです。

ここでよく見ると、模擬レース出走台数が28台になってました。

グリッドつく前に普通に雨が降って来たのでかなりの台数が出走しなかったようです。

まぁ、正直オラも車を潰したくないんでちょっとは悩みましたがね。
(ちょっとだけね)

ウェットだとストレートでもよぅ全開にできない根性無しのオラ・・・。

まぁ、でも走って優勝出来て結果オーライです!


今回で、オラの非力な車でもドライで3秒位の差なら勝てる要素があるってことですね!

雨ならね!

まぁ、でも、事故無く完走することができてホットしました。

模擬レースでウェットだと順位を 『上げる・守る』 のと 『スピンしない』 のとで
なかなかの緊張感がある走行が出来て何だか充実した走行会になりました。



戻る  TOP