パワステポンプ 交換


エアコン不具合の調査で、コンプレッサーを外さなければならず
作業上、仕方なくパワステポンプも外しました。



すいません、いきなり外れた図です。

((^┰^))ゞ テヘヘ

プーリーのセンターナットをホイールナット用のインパクトで外しました。

瞬殺でした (^^)

しばらく気付かなかったのですが、ふと軸(キー)を見ると
えらいことになってました。



ね? やばいっしょ?

キーが削れて、軸も若干逝ってそう・・・。

さすがにこれはまずいので、リビルトを手配。

でも、これを返却すると、別途費用を請求されそうなので
中古のパワステポンプを購入し返却。

某サイト(ショップ)で注文したら、翌日届きました。

こんな カス が!

 

 

ぜ〜んぶ、真っ黒に塗装されている。

ラベルや銘板の上からも塗装されている。

オイルパイプも塗装されている。

ゴムキャップやケーブルのカバー?も塗装されている。

普通リビルトならブラスト処理されてそうなところも塗装されている。

タンク一式で来たけど、レベルゲージの先っちょが折れている。

まぁ、酷いもんが来たもんだ!


こんなん、本当に分解・清掃してOリングとか交換したか
疑いたくなりますよね???

一応、ベアリングは交換してるっぽいけど・・・。

さすがのオラもヽ(`Д´)ノプンプン

文句言ったら

「コアが無いので代品が送れません」

だって。

ほんま カス や!

結局、旧品返却してもらって、代金返納となりました。

しょーもな!

仕方ないので、中古で組みます。

キーがアレだけ削れてたので、プーリーも手配しました。



あっ、↑右側に写っているものは、パワステ用のホースね。

26年物のパワステホースもやばそうだったので手配.。

旧品はヒビ割れまくりでしたので ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

 → 

プーリーは 2分割式 が 一体物 になってた。

当時の物はプーリー本体と軸にはまる部分が別で、ボルト3本で固定されている。

現在はプーリーと軸のはまる部分は、一体となっていました。



リビルトで奇麗になった軸・キーに新品のプーリーを付けたかったのに・・・。

しゃーないね。

(_ _。)・・・シュン

今回は、単なる愚痴でした。

(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



数日後

とは言え、やっぱり、我慢できなくて、違う業者にて手配。

でも、来たものは結局、前回のと同じ状態。



 

何なん?マジで!?

納得いかないので、また、返却・返金にしました。

もぅ、中古を綺麗にして使います。

これなら、道具買って、自分でベアリング打ち換えた方がいいね。



数日後

やっぱり我慢出来ずにディーラーへ行きました。

ダメ元で聞いたら

「広島に在庫1個あります」

だって。

超高いけど、もぅ二度と手配できないと思い発注しました。

で、翌日到着。




家に帰り、時間がなかったので、その週末に清掃がてらチェック。



???

(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?

オイルパイプ、やばくねぇ???

 

パイプの曲げ部が潰れている。

フレアの繋ぎが斜めになっている。

ちなみに旧品はコレ。




さぁ、どうしよう。

もぅ、換えの新品は無い。

そして、このオイルパイプとそのOリングは部品設定があります。

が、こちらも生産中止?廃止?で入手不可とのこと。

一応、メーカーに問い合わせてくださるとのことでした。

最悪、旧品のパイプを流用し、市販のOリングで何とかするしかありませんね。



それから数週間(2週間くらいかな?)後、連絡ありました。

「メーカーでは修理不可能です」

だって・・・。

もぅ、仕方ないので、そのまま引き取りました。

早速家で、Oリングと配管の交換です。


はぃ、これがアカンやつです。

 



新品とはいえ、一度外した所のOリングをそのまま使うのもなんなんで、新品に。



市販品で対応。

P9で丁度よかったです。

やっと車体に付けれる!(笑)



もちろん、ホースも交換ね。



オイルは純正でいきます。



この1リットルが無かったので4リットル買ってしまった。

案の定、ちょっと入れ過ぎましたが、エンジン掛けて
ハンドル数回切り返すと、規定量に!

計算通り!

うそ、たまたまです。


いやぁ、パワステ一つでえらい手こずりました。

でも、かなりリフレッシュされました!



戻る  TOP