油温計不動修理


久々にFCに乗った時に 

(「・・)ン? 油温計が動いてないぞ!

( ̄-  ̄ ) ンー 面倒くさいなぁ〜。

と、まずはメーター本体かセンサー側かの切り分けをします。

水温計と油温計は全く同じものなので(TRUSTの古いやつ?)センサーを
繋ぎ換えてみました。

すると油温計は動作したのでセンサー側の問題。

で、センサー自体が悪いのか?配線が悪いのか?

センサーからメーターまでの間に中継コネクタがあるのでそこでセンサー側の抵抗を確認。



配線をクニクニすると抵抗値が変化したのでセンサー側と判断し注文。
(オラの勘違いでした)



センサーをゲット出来たので、まず動作テストを実施。

ペットボトルにお湯入れて、センサー付け替えてメーターチェック。

/( ̄0 ̄)\オーノー!!

メーター動きませんがな!(≡д≡) ガーン

判断ミスった!(´Д`) =3 ハゥー

今度は嫁に運転席に座ってもらって配線を弄ってメーターが動くか確認。

動いたり動かなかったり。

中継コネクタのメーター側が悪そうです。

コネクタ根本付近が断線してそうだったので、コネクタ・ピンを注文。

 

TRUSTが使用している防水コネクタを探して注文。

コネクタは不要でしたが、一応注文。

では、いざ修理です。

断線していると思われる個所を切断し新たに線を剥き直します。

 

↑赤矢印のところで断線・接触不良を起こしていると思われます。

線を剥き直しましたが、中の芯線に錆びが発生していました。



↑芯線の色が若干違うのがわかるかな?

大丈夫なところまでカットしました。大体50oくらいでしょうか?

そこでピンを作成しコネクタ取付です。

 

これで大丈夫なはずなので、ペットボトルにお湯を入れてチェックです。

 

とりあず復活しました!(油温計は右側ね)



戻る  TOP