マスターシリンダーストッパー取付



えーっと、今更ですがマスターシリンダーストッパーの取付です。

( ̄◇ ̄;)エッ 何で今頃って?
そらぁ、アレですよ!

オラのブレーキマスターはセンティア用を付けています。
そうするとマスターが長くなるんですよね!

なので、今まで使ってたストッパーが使えないんですよ!

そのため、ずーッと外していたんですがショップさん他のご協力により
センティアマスターに付けれる物を作成して頂けることになりました。

無理なお願いを聞いて下さった○ィニングさん・土○製作所さん
本当に有難うございました。


コレがその物です。

 

青いのがク○コの物。

色無しが今回作成して頂いた物。

かなり綺麗に出来ています v(*'-^*)bぶいっ♪

とりあえず、錆び止めとしてFC純正のブリリアントブラックに塗装です。



これは全長30mm短く作成して頂きました。

さぁ、後は付けるだけ!なんですがこっからが大変のなんのって・・・(´Д`) =3 ハゥー


ホンマえらいこってすわぁ〜。

マシンも古く、錆びも酷いので締める・緩めるボルトがことごとく折損

|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ〜〜? ありえん・・・。



上の赤○は緩めて抜く時にポキっと折れました。

下の赤○は新品のボルトを入れて締めてたらポキっと折れました。


もぅ〜、マジありえんし・・・(´Д`) =3 ハゥー

色々考えた挙句、バカ穴にすることに・・・。

穴開けるにもショック外さなアカンし、最悪やぁ・・・。


 

ちなみにバカ穴にする前に『ボルト抜き』を使用しましたが、これもポキっと折れました。

なので、ソノ後に穴開けるのが大変でした。

( ̄◇ ̄;)エッ 何でって!?
『ボルト抜き』が硬いんですよ!
ソレが途中で折れたからソレごと穴開けなアカンし・・・。

で、やっと貫通したときにはキリ3本折れましたΣΣ( ̄◇ ̄;)!


と、まぁ、何だかんだしながら本体の取付は完了。

後は汎用ステーを使って留めるだけ・・・


が、しか〜っし!
ステーを付けるボルトにドリルにて穴あけで更に問題が!

あのぉ、ドリルが真っ直ぐ当てれませんが?

仕方ないのでナナメに当てて何とか貫通!
でも、元々の溶接してあるナットの縁とボルトの半分を貫通。

仕方なく既設のナットを切除



あぁ〜、ホンマだるいわぁ〜!┌┤´д`├┐ダル〜

はぃ、ここでもキリが1本折れました。

もぅ、えぇわぁ・・・。


まぁ、何とか取付に成功!



 

ホントは、汎用ステーの部分を2〜3mm厚のアルミ板で作成しようかと思っていたんですが
あまりに取付にてこずったので、もぅどーでもえぇです。

まぁ、本体が左右に振れないようにするだけのものなんでこれで充分です。

で、本体にはタップを立てていましたが、2山分くらいしかないので
念のためナットで挟んで留めました。

(´Д`)ハァ… マスターシリンダーストッパーごときでエライてこずった・・・。



TOP