クラッチマスター OH

以前から、クラッチペダルを踏むと

ギーーーーーーーーーーーーーッ

と、音が鳴ってるんです。

いろいろやるついでに、マスターも一旦外すのでOHしました。

まずは、マスターのタンク内のフルードをエンジンラッパで吸い取ります。



マスターが固定されているうちに、配管も緩めておきました。

純正置き換えのアース線も邪魔なので取り外し。

次に車内足元にあお向けに潜り込み、マスター固定のナットを緩めます。

レンチは振れないし、狭いし、体勢辛いし

((o(>皿<)o)) キィィィーーーーーーーーーーーーーー!!

って、なります。

やっとの思いで摘出完了。

 

↑作業時はアウトドア用のチビッコ椅子が役に立ちます。v(=∩_∩=) ブイブイ!!

後は、スナップリングプライヤーを使用し、スナップリングを外します。



スナップリングを外しても↑の@・Aしか出てきませんでした。

なので、配管部分からエアを吹き込んで押し出しました。

エアツールを使ったら、勢い有り過ぎてフルードが飛び散りました。(*^.^*)エヘッ

やっと全摘出。



どこが悪いとかではなかったので、本体を清掃して、各部にフルードを塗布し組み付け。

最後にスナップリングにて固定するので、ピストンを少し押しておかなくてはいけません。

オラは左手はプラスドライバーで押して、右手はスナップリングプライヤーを操作して
なかなか、難しかったです。(ー。ー)フゥ

後は組み付け、エア抜きして完了!

と、いきたかったですが、エアが噛み噛みでなかなか抜けてくれませんでした。

いつものように、一人ワンウェイバルブを使用してのエア抜きです。

初めて自分でOHしましたが、意外にいけました(^_-)vブイブイッ

あっ、異音は解消してないですよ!

これはまた別問題で・・・。



戻る  TOP