フロントバンパー固定ボルト交換


先日、洗車の時に気がついたバンパー固定ボルト。

 

( ´゚д゚`)アチャー 古い車はもぅ限界ですな・・・。

そこで、このボルト5本だけでも交換しようと思い新品ボルトを購入。

さぁ、いざ交換!

・・・

・・・

・・・

勃起 ボキッ!

c(>ω<)ゞ イヤァ〜

案の定、5本中2本折れました。(´Д`) =3 ハゥー

両端の2本です。

 

o><)oモォォォォ〜ッ!! 最悪です。

綺麗に直すならバンパー外してナットリベットで再生するのがベターかと思いますが
なんせバンパー外すのが面倒臭い!

じゃぁ、どぅすんべ???

( ̄-  ̄ ) ンー しばし考える・・・。

バンパー外すのは絶対に避けたいので強行突破です!

残ったボルトを綺麗に抜いてネジ山復活させます。

そうするには残ったボルトのド真ん中をドリルでブチ抜かなくてはなりません。

これは中々難しいです。

そこで登場するのがこれ!

名付けて、『スーパーポンチ君!』
(オートチ○ポポンチですね)



こいつで残ったボルトの中心にドリルで穴あけするポッチをつけます。

そこにまず細いキリで穴あけです。



(* ̄0 ̄)/ オゥッ!! なかなか真中をいったんちゃう〜!?

徐々にサイズUPしていきΦ4.8位まであけました。

ココの穴はM6、タップを立てる下穴はΦ5.0。

ホントにド真中であればいいのですが
少なからず中心がずれていると思うのでΦ4.8にしました。

で、ここの穴はネジ山部分の肉厚が薄いので、かなり正確に穴あけしないと
再生できたとしても強度が落ちます。

まぁ、それは覚悟のうえでの再生です。

その後タップを立てて再生です。



何とか再生に成功!



でも、今後は再生したボルトの締付トルクには注意が必要です。



戻る  TOP