サーキット後 の メンテナンス



先日の岡山国際サーキット練習走行後のメンテを実施しました。



まずはブレーキ廻りから。

(* ̄ρ ̄)”ほほぅ… リアブレーキの残量はOKだな!
(FCリアブレーキは外側のパッドの方が減り易い)

リアは逆組みしてセット。


そしてフロントのチェック

w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!!

なかなか頑張ったなぁ。

 

右の写真では結構あるように写ってしまいましたが、結構無いですょ!

↓そしてこれが新旧比較↓



あと1回くらい走れそうですが、ケチってえらい事になっても困るので新品に交換しました。

制動屋 N1−500R

そして、ホイールをセットして何気にタイヤを触ると・・・。

(/||| ̄▽)/ゲッ!!! ハブにガタあるやん!

てな訳で、追加作業開始です。

岡山国際だからか、いつも右が早く悪くなります。

で、開けてびっくり!w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!!

グリス切れてる・・・。

 

清掃してグリスアップ実施しました。

左はまだグリスが残っていましたが、この際同じくグリスアップ実施しました。ε=( ̄。 ̄;)フゥ


いやぁ、こういうチェックが各部を維持していくためには必要なんですね。(⌒^⌒)b うん

最後に、ダイアグをチェックし異常の無いことを確認しました。



てか、サーキット走るんならハブのグリスやガタチェックは
最低1回/年か2回/年実施しないといけないのかなぁ・・・。



戻る  TOP