フロントハブ交換


先日の Sun Line Racing 走行会 後、そのまま広島へ帰省

その帰り道、右フロントに荷重を掛けると


『ガーーーーーッ!ゴーーーーーッ!』


って、鳴るんですょ!

『あぁ〜、ハブ逝ったなぁ・・・・゜゜・(×_×)・゜゜・。 』

と、思いつつ実家でフロントハブの仮点検を実施



回転させるとゴリゴリしてます

ブレーキローターまで外さないと微妙なゴリゴリ感は分かりませんからねぇ

でも、実家に予備品も無いのでそのままセット

あぁ、神戸までもつかなぁ・・・


で、神戸へ帰宅中もハンドル切れば


『ガーーーーーッ!ゴーーーーーッ!』


って、鳴るし・・・

神戸に帰宅後すぐさま予備のスチールハブへ交換です

何故、予備ハブがあるかって?
以前も一度(この時も右前)ベアリングが悪くなり、その時に新品1セット買いました
で、古の方をOHして置いてました

一つはOH済み、もぅ一つは左についていた中古(距離はそんなにいってない)


今回は中古の物と交換です

事前準備として

割りピンバネ秤を購入

バネ秤なんて¥2000オーバーですよ!高っ!

 


そして↓これが中古とOHキット

 

私はスチールハブなんでOHキットを入手して予備で持ってました
さっすがぁ〜

今回はもったいないから中古を使用し、ダメになったやつをOHしてもらおう!


で、いざ交換です

旧品外して清掃します

 

そして中古を組みます
今回は中古の為、グリスアップして組みます




さぁ、こっからがコツがいるんですよねぇ



最初の締め付けトルクは2〜3kgm

23のメガネレンチが約34cm→0.34m

0.34 × 力 = 2.5 とすると

力 = 2.5÷0.34

 = 約7.14kg

なので23のナットにメガネを掛けてその端をバネ秤で約7kgで引っ張って締め付け

その後ナットを緩めてフリーの状態で回転起動トルク(力)を測定



約0.2kg

なので0.6〜1.1と足して0.8〜1.3くらいになるように再度23のナットを締め付けます

中古を入れたので緩いところがあったり、キツイところが有ったりしましたが
だいたい0.6〜1.0で落ち着きました


ところで整備書の回転起動トルクの3.5〜6.5kgmって
おかしくないですかぁ?

3.5 〜 6.5kgmって・・・
1mの先に約3〜6kgの力をかけたトルク
すなわちハブボルトで言うと

(0.1143÷2)× 力 = 5kgm(3〜6kgの間をとって)

とすると

力 = 約87kgf

ありえんよね?
起動トルクが87kgfって

多分 3.5 〜 6.5kgcmの間違いでしょうね?

これなら大体あいますよね

約5.7cm(114.3/2をcm換算)× 0.6kg = 3.42kgcm

約5.7cm(114.3/2をcm換算)× 1.1kg = 6.27kgcm


ね?大体起動トルクと合う数値になりましたよね?

はぃ、余談でしたね


最後に新品の割りピンをセット




とりあえず、この中古で暫く乗ります


あっ!何か間違ったこと書いてたらご指摘願います m(_ _)m



戻る  TOP