蘇る圧縮 ( ̄∇+ ̄)vキラーン


年に1度はFCの健康診断で圧縮を測ろうと、サーキットシーズン前に中村屋へ行くつもりでしたが
プラグ交換のタイミングもあって、なかなか行けませんでした。
(プラグ交換と同時だと安くしてくれるんでね)

せっかく圧縮測るなら慣らしをしてから測りたいと思って、年末のサンラインの走行会の後
実家(広島県呉市)に帰省するのでそのときに慣らしをしようと慣行!


負圧走行・3000rpm以下で以下の距離を走行。

岡山国際サーキット 〜 神戸 : 約100kmちょぃ
(帰宅)

神戸 〜 広島 : 約300km
(帰省)

広島 〜 神戸 : 約300km
(帰宅)


いやぁ、こんだけの距離を負圧で3000rpm以下は
ウェット路面で全開走行してるくらい右足首にきましたねぇ。ε=( ̄。 ̄;)フゥ


実は広島に帰省した時点で少し変化が・・・。

サーキット出発時のアイドリング時の負圧が−400mmHgだったのが
広島に着いた時点でここまで復活!



(・vv・) ハニャ??? ラッキー!

普段街乗りの時より ( ・∀・)イイ!!
(何だか期待大?)←ナニが?

そして、広島から神戸に帰る時も苦痛に耐え抜いて負圧・3000rpm以下で走行!

ちなみに燃費は約9.1km/g
(排気系がスッカスカなんでこんなもんでしょうか?)


そして、本日プラグ交換ついでに圧縮を測りました。

ちなみにサーキット走行3回含む走行距離3000kmのプラグです。



中村さんにも 『いぃ感じに焼けてるやぁ〜ん!』 と言って頂きました。

番手は9番・10番です。( ̄ー ̄)ニヤリ


さぁ、いょいょ圧縮測定です。

相変わらず中村さんは測る時は楽しそうです。

もちろんオラは心配ですよ!( ̄-  ̄ ) ンー

ちなみに前回測定結果はというと・・・。

 

左がフロント 右がリアです。

この時、エンジン載せ換え後 15000km走行。

そのうち岡山国際サーキットを5回走行の結果です。


(゜∇゜ ;)エッ!? 前置きが長いって?まぁ、そないに焦りなさんな!



今回のエンジンは前回走行含め、走行距離 約25000km。

その間の岡山国際サーキット走行回数 14回

30分 × 35本


では、計測いってみましょう!

キュルキュル!シュッシュッシュ!シュッシュッシュ!シュッシュッシュ!シュッシュッシュ!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

左がフロント、右がリアです。

いやぁ、マジできましたねぇ!チョーーーーー嬉しいっす!v(*'-^*)bぶいっ♪


どうです?フルサーキットを回数走ってこの圧縮!

4速7000rpmまでなのでソコソコ高負荷を掛けています。
(FC純正ギヤ比では5速に入りません)


論より証拠、これが事実です。

ロータリーは壊れ易くなんかない!

って事が証明できたのではないでしょうか?

たった、数百キロ流すだけで圧縮が回復しました。

何も特別なことはしていません。

後はみなさんがやっている事と同じです!

暖気が終わるまでは回さないとか・・・。


車を壊さず安心して走るには・・・、と考え今の仕様になっています。
(基本的には温度対策かな)

やっぱ、回数走れるほうが楽しいですもんね!(⌒^⌒)b うん



これで、もう一つ証明できたこと・・・。

この 『慣らし』 によって圧縮が回復したということは、アペックスシールの動きが
良くなった事を証明していますね!
逆に普通に乗っているだけではどうしてもアペの動きが悪くなってしまうのでしょう。


よっぽどバランスを崩した状態で全開していない限り

圧縮は蘇るのです。


ヘタなパーツ使う前に、高級な添加剤入れる前に、そのお金をガソリン代に回して
たまには彼女や嫁さん、子供とちょっと遠出をして会話を楽しんでみてはどぅでしょうか?

それで圧縮が蘇るなら d(-_^)good!!

愛情を注げば答えてくれる車!

それがロータリーでありRX−7なんですね!


みなさんも愛情を注いでみてはいかがでしょうか?



戻る  TOP